外壁塗装について

初心者が外壁塗装を成功させるためには、基礎知識と塗装する際のポイントを知っておくことが必要です。このサイトでは、そんなポイントなどを紹介しています。
基礎的な知識として知っておきたいのが、外壁を塗装する理由です。外壁は紫外線や風雨などから建物を守っていますが、放っておくとひび割れなどのトラブルになります。トラブルを引き起こさないためにも、定期的に外壁を塗装することが求められます。
使われる塗料はいろいろな種類があるため、それぞれ特徴を知った上で選ぶのもポイントです。

外壁塗装ってどんなもの?

外壁塗装ってどんなもの? 初心者が外壁塗装を成功させるためには、あらかじめ基礎知識と塗装するときのポイントを知っておくことが大切です。
外壁塗装を行う理由としては、外壁を保護するということが挙げられます。外壁は紫外線や風雨などによってダメージを受けており、放っておくとひび割れなどのトラブルにつながります。そんなトラブルを引き起こさないため、建物の劣化を早めないためにも外壁を塗装することが求められます。
行うときのポイントとしては、塗料選びも重要となってきます。塗料はアクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素系に分けられます。それぞれ耐久性やメリット、デメリットが大きく違ってくるため自分の予算や外壁の状態にあったものを選ぶことが必要です。

依頼先選びで失敗しないためのポイント

依頼先選びで失敗しないためのポイント 日々雨風や日光にさらされている外壁は、建物の中でも劣化しやすい部分であり手遅れになる前に外壁塗装をする必要があります。
今の時代では数多くの依頼先があるので、どこを選んだら良いかで頭を悩ませるのではないでしょうか。一口に外壁塗装といっても業者ごとに腕にも違いがあり、失敗しないためにも実績がある業者から選ぶことが大切です。悩んだ際には複数を比較し、料金が適正で腕が良く信頼できるかチェックした上で判断する必要があります。
インターネットを使った簡易見積もりだけではなく、実際に現地調査に来てもらい正確な金額を知ることが大切です。建物の大きさや状態による違いもありますが、現地調査には一時間から二時間程度必要になることが退散であり、時間に余裕がある時に申し込むようにしましょう。基本的には立ち合いが必要ですが、どうしても都合がつかない場合には立ち合いなしで現地調査を行ってもらうことになります。その場合には後日作成した見積もりの内容や、外壁を照らし合わせながら建物の状況や見積もり内容を説明してくれるような、丁寧な対応の業者を選んでおくとより安心できます。現地調査には基本的に立ち会うべきであり、スタッフの対応が丁寧で信頼できるか知ることにも繋がります。

外壁塗装をすることで得られるメリットとは

外壁塗装をすることで得られるメリットはたくさんあります。勿論のことですが、外観が美しくなります。綺麗に塗り返ることで中古の家もまるで新築のように見違えるはずです。今までとは違うカラーに塗り替えると、住人にとっては気分転換にもなるでしょう。
外壁は外の部分のため、紫外線や雨風に晒されてヒビやはがれが生じやすいです。塗装は外壁に入ったヒビを塞ぎ、雨水の侵入を塞ぐことができます。ヒビを放置しておくとどんどん雨水が建物内に入り、柱や土台が湿って家の老朽化が進行します。外壁塗装をすることで雨水が入らなくなり、建物内の湿気も乾燥するはずです。湿気によって発生する黒カビを予防できるのも、外壁塗装のメリットと言えます。黒カビにより住人はアレルギーを発症する人もいるので、住人の健康を守ることにもなるのです。
さらに長年経って切れてしまった塗装の防水・撥水機能も回復させることができます。建物を長持ちさせるためにも、定期的な外壁塗装は重要になってきます。

外観のイメージがガラリを大きく変わる外壁塗装

外壁塗装を行うことで外観のイメージがガラリと大きく変わります。例えば白い壁だったのをネイビーやブラウン、フォレストグリーンといった、濃いめのカラーに塗り替えれば重厚感が出てシックな印象になります。逆にレモンイエローやパステルピンクなど明るく可愛いカラーに塗り替えると、華やかで元気なイメージとなるでしょう。
色が持つ力やイメージというのは大きいです。特に外壁は面積が広いので色を変えるだけで、住宅のイメージは大きく変化します。外壁塗装は紫外線や雨・風といった自然によるダメージから住宅を守るという意味合いがありますが、他にも見た目の印象を変えるのにもとても効果的です。
今は1色ではなくツートンカラーに塗装するのもトレンドとなっています。カラーで個性を出したいという方に、ツートンカラーはおすすめです。湿気が多かったり日当たりが悪い場所に建てられた住宅だと、苔やカビが外壁に生えて古い見た目になりますが外壁塗装を行えば苔やカビも落ち、さらに塗料を塗るので新築同様にまで見違えます。

外壁塗装は劣化を予測して塗り替えの計画を立てる

住宅の外壁は経年による劣化が避けられない以上、それを予測して外壁塗装の塗り替えを計画するのが賢明ではないでしょうか。
外壁塗装は一般的に10年に一度塗り替えるものといわれており、多くの塗料が10年ほどで寿命を迎えます。その為、新築や前回の塗り替えから8年、9年目あたりで計画を立て始めるのが望ましいと考えられます。外壁塗装は誰に相談するか、塗料の選択や予算の確保、工事の日程など検討しなくてはいけない要素が沢山あります。信頼できる塗装工事業者があるなら、希望を伝えて丸投げすることもできますが、限りある予算を有効活用したいのであれば、終始責任を持って検討したり選択して決めることが大切です。外壁塗装について考えても一向に何も決まらない場合は、家族で話し合ったり頼れる相談先を見つけて相談をおすすめします。劣化は常に刻一刻と進行していますし、10年を待たずして目に見える重大なダメージが表面化することもありますから、塗り替えの計画は早ければ早いほど良いのではないでしょうか。

デザイン性のある外壁塗装で個性のあるマイホームへ

外壁塗装は1色の塗料で壁全体を塗る以外にも、2色を使い分けてオシャレに仕上げることもできます。ツートンカラーで外壁塗装を行えば、ワンカラーよりもおしゃれで個性的なマイホームになるのでおすすめです。シックな色味だけでまとめたり、逆にパステルカラーでまとめるなど塗料の色によって仕上がりは様々です。
1階と2階の境目を塗り分けるデザインは、ポピュラーとなっています。1階部分を暗めの色にして2階部分を明るい色にすると、家全体を見た時のバランスが取れるのでおすすめです。また湿気や湿度が高い場所に建っている家は、壁の低い部分に苔やカビが生えやすいですが1階を暗いカラーにすることで、苔やカビを目立たなくする効果も期待できます。
他にはバルコニーやベランダといった出っ張っている部分だけカラーを変えたり、正面の一部分をレンガ調に塗り分けワンポイントあるデザインにするなどもできます。3色以上使ってしまうとごちゃついて見えやすいので、オシャレな仕上がりにするには2色にまとめるのが良いでしょう。

外壁塗装のリフォームでは紫外線対策も行える方法があります

外壁塗装を必要とした際には、これまではウレタン塗料やフッ素塗料などいくつかのランクから塗料を選ぶことが一般的でした。塗料メーカー側では常に新しい商品を開発しており、現在では外壁塗装の際には紫外線対策を行える塗料も人気があります。
普通の塗料では外壁に太陽光からの熱がたまってしまい、その熱は室内側に入り込むことは良くあることです。紫外線対策を行うには遮熱塗料というものがあるので、この種類の塗料を使えば熱の問題は解消することができます。遮熱塗料は断熱とは異なり、太陽光からの熱を反射させる機能性があります。このことにより外壁に触れても熱を感じることが少なくなり、同時に室内に熱がこもってしまう問題からも解放されます。メリットは他にもあり室内で夏の期間に利用するエアコンの温度設定を以前よりも高めにすることができたり、エアコンで費やす電力も大幅にカットすることも可能になることで、外壁塗装のリフォームの際に遮熱塗料を選ぶ方法はエコにつながります。

外壁塗装の塗り替えで失敗しないために事前確認する方法

経年劣化により自宅の外壁塗装を検討している方は、単にこれまでとは異なる色を指定してイメージチェンジを兼ねた塗り替えをするだけではなく、機会をきっかけに以前よりもおしゃれに見せる外壁塗装の方法もあります。
仕事を受注する施工会社による違いはありますが、塗料メーカーによる色見本だけではなく、色の混ぜ合わせから艶の調整も可能にする施工会社も実在しています。この場合でも仕上がりを予測することができずに色の選択で困っている方であれば、施工会社の中にはシミュレーションをグラフィックソフトで製作している会社もあり、最初は希望するイメージを伝えるだけで専属のスタッフによって自宅のシミュレーション画像を確認することができます。単色カラーで全てを塗り替えする方法や、1階部分と2階部分で分けるツートンカラーであっても、グラフィックソフトで複数のパターンを製作する施工会社であれば、後から後悔をしてしまう問題も全てクリアすることができるのではないでしょうか。

外壁塗装を施工する際に選べる機能性に優れた塗料の数々

戸建て住宅を持ち家で生活を送っている方は、定期的な住宅のメンテナンスには外壁塗装をあげることができます。
住宅を守るためには必須になる作業になり、怠ってしまうと隙間やヒビ割れ部分、シーリング材の劣化により漏水を起こしてしまう可能性があります。このため住宅のリフォームでは欠かせない作業になりますが、現在では外壁塗装を行う際に選べる塗料が増えていることは特徴的です。過去にはウレタン塗料やシリコン塗料、フッ素塗料の選択になりましたが、現在では機能性を持たせた塗料が人気があります。具体的には断熱塗料をあげることができ、真夏の場合では熱を室内に入り込ませるまでに時間が掛かったり温度が途中の段階で低くなる塗料です。次に遮熱塗料があり、このタイプの塗料は太陽光を外壁で跳ね返す機能性があります。最新の塗料の中には光触媒と呼ばれている塗料があり、このタイプは住宅の外観を長期にわたり綺麗にすることを可能にします。光触媒は汚れは太陽光で外壁から浮き上がらせて、雨天の際には浮き上がった汚れが落ちるという性能があり、希望する条件に合わせて施工会社と事前に決めることが最善策です。

白亜化現象が起きてくると外壁塗装を検討する時期

外壁塗装の白亜化とは、外壁が劣化すると塗料の顔料が分解されて白い粉を吹き出す現象のことを言い劣化が始まりだしたサインなので、外壁塗装を検討し始めて良いころです。
外壁の塗装面を触ると白い粉がつくこと白亜化現象と言い、外壁が紫外線を浴びることで塗料の中の顔料が分解されこの白い粉となります。 そうなれば塗膜が劣化しているので、水で外壁を洗ってもきれいにならずまた白い粉が発生しますので対処方法は塗り替えになります。 白い粉が発生して放置すると外壁の塗装が劣化し、内側の外壁が雨や紫外線に直接さらされる苔やカビがかぶりついたり深刻になると、外壁材そのものの劣化が発生します。 外壁塗装は塗装の内側の外壁や雨や風や紫外線などから守る役割を果たしていて、劣化が始まる出したら放置しておくと様々な不具合が起きてきます。
そのため劣化が始まり出したら外壁塗装検討し始める頃で、経験豊富な専門店に相談することをお勧めします。

外壁塗装に適した機能性塗料は塗膜が形成されることで効果を発揮する

外壁塗装には、様々な機能がある機能性塗料があり使用する塗料によって建物の劣化やお悩みの改善が行われる可能性がありますので、最適な塗料を選択すると良いです。
機能性塗料とは、特別な機能や効果を持った塗料で塗膜が形成されることで効果を発揮し塗膜の厚さが充分でないと外壁塗装に効果は発揮されないのです。 まず加熱性の塗料は、太陽光の熱を反射し塗装面が高温になることを防ぎますので屋根や外壁塗装が有効で夏の部屋の温度を下げます。次に断熱性のものは、塗装面の熱を伝わりづらくする機能があり屋根や外壁塗装に有効で夏は部屋の温度を下げる効果があり冬は部屋の温度を逃さず、保温効果を期待できます。 それから低汚染性の塗料は、親水性が高く水に馴染む性質があるので汚れが付きにくく親水性が高いと塗膜に付着した汚れと塗膜の間に雨水が入りやすく、アメジスト一緒に汚れが落ちるのです。 さらに透湿性のものは、建物外部の水を内部に通さずライブの市況外部に通す機能があり結露や腐食塗膜の袋を防ぐ効果があります。
そして防水性耐水性の機能がある塗料は、塗膜がヒビに追随して水の侵入を防ぎモルタルやコーキングの塗装に適しております。

外壁塗装の仕上げるには下地調整を徹底する

外壁塗装を美しく仕上げるためには、下地調整を徹底する必要があり調整をしなかったらムラが目立ったりペンキが弾かれてしまったり、うまく塗れなくなります。
また見た目には汚れがなかったりするような外壁や屋根でも、サビやほこりや油分や砂や昆虫の卵等の異物があるとその上から塗料を塗っても施工不良を起こしてしまうのです。 異物がなくてもひび割れがあったり、建材の穴やクラックなども施工不良の原因となるので下地調整は必須なものといえます。 外壁塗装の寿命はおおむね10年と言われていますが、施工不良があると長持ちしなくなり、外壁塗装に使用される天気は配合されている成分によってランクがありランクが高いほど美しく耐久性も上がります。 しかし下地処理を十分していないとペンギン自体の性能が発揮できず、耐用年数が10年から15年となっていても調整してないことで1年足らずで、色あせが起きてしまいます。
下地処理には、高圧洗浄やコーキング補修やけれん作業やセメント補修などの方法があり料金を知るには外壁塗装の比較サイトの料金計算ツールを利用するといいです。

機能塗料もある外壁塗装!ペンキの色選びと面積効果

外壁リフォームには、既存の外壁の上から新しい外壁材量を重ね張りするカバー工法や既存の外壁材を撤去して下地をきれいに直してから新しいものに交換する張り替え、そしてペンキを使う塗り替えでもある外壁塗装の3種類があります。
塗料を重ねて塗り、膜を形成させるのが外壁塗装ですが、塗装の中でもペンキの色をどのようなものにするのか迷う人も多いといえます。色の見え方は小さな面積で見たときと大きな面積で見たときに異なる、これは面積効果と呼ばれるものです。
外壁塗装の色を選ぶ際には、色見本やカラーサンプルと呼ばれるものを使いますが、カラーサンプルは手のひらサイズやB6など小さいものになるので、サンプルで見たときには良かったけれど塗装後に見ると派手もしくは地味に見えてしまうことも少なくありません。
これは面積効果が要因している錯覚によるものです。ちなみに、外壁塗装には光触媒と呼ぶ機能性塗料がありますが、これは汚れを浮き上がらせて常にきれいな状態を維持できるセルフクリーニングの機能が備わっているタイプです。

チョーキング現象とは?外壁塗装をやるべき確認ポイントや効果

外壁塗装は10年に1度の割合で施工するのが良いといわれていますが、これは一つの目安で建物がある環境や前回の塗装でどのようなグレードを持つ塗料を使ったのか、このような条件で施工すべきタイミングが変わります。
塗料には樹脂が含まれていて、この樹脂により紫外線や雨などから外壁を守りそして家を守ってくれます。
ただ、紫外線や雨などの自然の猛威の威力は高く、優れている塗料や建材でも劣化は必ず生じます。
外壁塗装は、チョーキング現象が生じているとやった方が良いといわれていますが、チョーキング現象は白亜化とも呼ばれている現象で塗料の樹脂が表面に生じて粉状になったものです。このような状態になると外壁を守る機能がかなり低下しているため、雨が降るとしみ込みやすくなる雨もりや内部のカビなどの発生に繋がります。
タイミングを知るためにも外壁の状態を確認しておきましょう。外壁塗装は、雨を弾くことができる能力を蘇らせるもので重ね塗りをして塗膜を形成させると、雨が降っても外壁はそれを弾く効果を期待できるようになるわけです。

外壁塗装で外壁に当たる太陽光で変色してしまうことの解決策

戸建て住宅を持ち家にして生活を送っている方は、定期的に外壁塗装を行っているものですが、外壁に当たる太陽光が強過ぎることにより、数年後には日焼けで色が劣化してしまう住宅も実在しています。
この問題の解決策は品質の良い塗料で外壁塗装を行う方法になり、具体的にはシリコン塗料やフッ素塗料などが該当します。
このランクでも日焼けを起こしてしまうようであれば、断熱や遮熱塗料を採用してみる方法は効果的です。料金は高めになってしまいますが、この2種の塗料の場合は元々が太陽光に強い性質を持っているので、日焼けを起こしてしまうまでの期間を長く保つことができるようになります。
外壁塗装の方法では手段が限定されてしまいますが、外壁に当たる太陽光が強過ぎる住宅の場合では、該当する外壁の面だけを変色を起こさないサイディングに張り替えをしたり、パネル式のタイルやレンガを用いた外壁材へと張り替えをする方法も解決策になるのではないでしょうか。

面積効果を把握しながら自宅の外壁塗装を実施

紫外線や雨、風から建物を守っている塗料は徐々に劣化します。 塗料が劣化すると建物を保護する力が弱くなるため再塗装を行う必要があります。
外壁塗装を依頼する場合は、事前に面積効果を把握していると無駄を省けます。 外壁が劣化して雨水が屋内に漏れると、柱の腐食など様々なトラブルの原因になります。
家を支えている柱の腐食は、建物の寿命を縮めて価値を下げます。 適切なタイミングで外壁塗装を行うと、建物の寿命が長くなり資産価値も維持できます。
雨や湿気の影響を受けやすい外壁は、カビが発生しやすい場所です。 外壁塗装でカビの発生を抑える塗料を使うと、美観を保てます。 選択する塗料のカラーによって、家の雰囲気は大きく変わります。
多くの家庭で使われているシリコン樹脂塗料は紫外線や雨、風に強いため長持ちするメリットを持ちます。 外壁塗装では、汚れを落とすために高圧洗浄を行います。
高圧洗浄で汚れを落としてから塗料を塗り、上塗りまでの工程が終わると最終検査を実施します。

外壁塗装でセルフクリーニング機能をプラスできる

外壁塗装で使用される塗料の種類はいくつかあります。最近はセルフクリーニング機能を持っている、新しいタイプの塗料も使われるようになりました。
光触媒塗料というもので光が当たることによって発生した活性酵素が、表面の汚れを分解して、汚れの付着力を低下させ雨とともに汚れが流れるという効果を持っています。
さらに雨水がくっつきやすい親水性という性質も持ち合わせていることから、雨水でも汚れが落ちやすくなるようです。
壁についた汚れを塗料自体が分解し雨水で洗い流してくれることから、セルフクリーニングの効果がある塗料として注目されるようになりました。
実際、車通りが多く排気ガスで外壁が汚れやすいという住宅の外壁塗装で、選ばれるケースが増えているようです。
また耐久性にも優れており、耐用年数は15年から20年ほどとなっています。外壁塗装を頻繁に行うのは面倒と感じる場合、耐用年数の長さは魅力です。ただ、他の塗料と比較すると価格は高くなる傾向にあります。

外壁塗装の情報サイト

沖縄 外壁塗装

当たり前ってすごい。失敗した塗装もマジックリンでゴシゴシしたら綺麗さっぱり。失敗を恐れず、永遠に塗装出来る。

-->